トップ >> 家族のための霊園を探す

墓地や霊園には3つの種類がある

墓地や霊園の種類は、大きく分けて3つの種類があります。ひとつには、公営墓地といわれている都道府県や市町村などの自治体が、管理と運営を行っている墓地があります。宗教も問われないことが多く、管理料も安いことから人気があるようです。しかし、募集数が少なく申し込み資格に制限があるので、確認が必要です。また、寺院墓地という寺院の境内や隣接する場所に墓地があって、檀家になり寺院との付き合いが必要なところもあります。ほかにも、民営霊園という販売されている数が多くて、宗教や宗派を問わないところもあります。

自由な発想でデザイン墓石

今や自分や自分の家族が生きた証となるモニュメントとしての墓石、あるいは死後の自分の住処となるお墓を建てたいと希望する人が増えています。家を建てるときに注文建築があるように、お墓も自分の建てたいもののイメージを伝えて、石材店と墓石の相談をしながら作ります。型としては、洋型にアレンジを加えてオリジナルなデザインにしてみたり、違う色の意志を組み合わせや、曲線をいれて花を彫刻したりなどの工夫で、故人の仕事や趣味、家族の思いや願いを表したデザインにすることが多く、石もさまざまな種類、色のものが使われています。

葬儀における一般の情報