トップ >> 葬儀の形式のいろいろ

密葬について詳しく知る

家族の数だけの葬儀があるといってもいいかもしれません。耳馴染みが薄いところでは、「密葬」というものがあります。どのような場合にこの形式を選択するのでしょうか。死者の家族やごく近しい親類・友人のみで小規模に行われる場合のことですが、通常、葬儀を行う場合は新聞に死亡広告を出したり、可能な限りの親類・知人にその旨を連絡し、なるべく多くの人に参列してもらえるようにするべきとされるため、あまり費用をかけられない場合や、多数の参列者による混乱を避ける目的、近しい人だけで故人を送りたいという遺族の希望などで密葬が選択されることもあります。

葬儀の種類と意味を調べる

日本では、葬儀の規模を表すものとしては、大きく密葬、家族葬、直葬、社葬があります。また宗派により葬儀の仕方も様々なようです。日本で多く一般的な仏式葬。神式葬・キリスト教式葬、無宗教葬・自由葬・音楽葬、お別れ会・偲ぶ会・ホテル葬、自然葬・散骨・樹木葬などもあります。最近著名人に多く見られるのが「生前葬」です。亡くなってからでは、話もできずお礼もお別れも伝えることが出来ないからと、ゆかりのある方やお世話になった方を招いて行うものです。本来は出席できないはずの自分の葬儀を思った通りにできるのが特徴です。他にも宇宙に散骨する「宇宙葬」などというのも話題になりましたが、国際間や法律上の問題もあり一般的ではありません。

葬儀における一般の情報