葬儀があったと分かるもの

一般道を走る霊柩車は、見かけると思わず沈んだ心境になるほど、葬儀を連想するものの1つと言えるでしょう。霊柩車とは、霊柩=「遺体を納めたひつぎ」を乗せた車のこと。霊柩車にまつわるこんな迷信はご存知でしょうか?霊柩車が走っているのを見たら、親指を隠さないと親の死に目に会えないというのは有名ですね。次の葬儀を呼ぶとも。日本で一般用の霊柩車として現れたのは、1915年(大正4年)のこと。名古屋市の八事に市営の共同墓地と火葬場が建設されたのにともない、尾張電気軌道が墓地に線路を引き込み、既存の電車を改造して霊柩電車を作ったのが最初と言われている。最初は電車だったんですね。

喪中の文字はいつから?

今はあまり見かけなくなりましたが、以前は身内に不幸があった場合に、門や玄関に「喪中」の文字を書いた紙を貼っていました。葬儀を終え喪に服している期間。という意味で賑やかなことや集まりごとは控えさせて頂きますという意味でご近所の方にお知らせしていました。今でも今年1年以内に不幸があった家庭は喪中はがきを出し、年始の挨拶を控えますというお知らせは出されています。「喪」に服すなどという「喪」ですが、身近な者や心を寄せる者、尊ぶべき方の死を受けて、それを悲しむ者が葬儀から一定期間中を過ごすことになる。日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態のこと。親族を亡くしたときに遺族が身を置く場合が最も一般的。

新着情報

2016-10-14 葬儀の形式の違いが追加されました。
2015-05-27 霊園を選ぶ方法とはが更新されました。
2015-05-10 葬儀にかかる費用とはが追加されました。
2014-05-22 葬儀を行う場所はが更新されました。
2013-07-19 神奈川の霊園の料金が追加されました。

葬儀における一般の情報